Google AdSense 広告カスタム

初めのうちは要領が掴めないので、徐々に理解していくことになるだろう。

広告掲載の自動化

最初は自動化で設定してしまった方が良い。
Google が広告掲載に適した場所を検出し、自動的に広告を表示してくれる。

自動化

広告のカスタム

徐々に慣れてきて、サイトのどの辺に広告が表示されるか分かってくると、ここには広告が無い方が読みやすいなとか、ここにあったらいいなと自然と思ってくる。

自分が思ったようにカスタムする場合には、新しい広告ユニットを作成し、手動でコードを挿入する。以下の通りユニットは、「ディスプレイ広告」「インフィード広告」「記事内広告」「検索エンジン」と幾つか種類がある。

例えば「ディスプレイ広告」は以下のようにイメージが出る。任意のユニット名を付けて、「作成」を押すと、コードが出るので、それをbodyタグの間に挿入してやる。
どこに挿入するかは記事の種類にもよると思うが、多くても見栄えが悪くなるし、これは自分で試行錯誤しながらやってみることになるだろう。

広告ごとにレポートも見れるので、どういった記事が読まれているのかの分析にも役立つ。工夫しながら設置したい。

ディスプレイ広告の例

参照

Google AdSense – ウェブサイトを収益化

basic, column, Hobby, seo, system, topic, wordpress

Posted by himajinn