【アニメ】2021年 春アニメ おススメランキング 第1~5位

2021年春アニメの、ここまで観てきたランキングを発表。
ジャンルやキャスト、スタッフ等の要素は排除して、純粋に面白かったかどうかでランキングする。
※あくまで個人的見解も含む内容となっているので、参考程度にとどめて欲しい。
「おススメポイント」「好きな回」の2点を書いていく。

第5位 スーパーカブ

ひとりぼっちの女の子と、世界で最も優れたバイクが紡ぐ、友情の物語。山梨県北杜市の高校に通う女の子、小熊。両親も友達も趣味も無い、何も無い日々を過ごす彼女だが、ふと見かけた中古のスーパーカブを買ったことで、ちょっとずつ短調な毎日が変わり始める。

「スーパーカブ」 dアニメ あらすじ/ジャンルより

 評価
第5位は「スーパーカブ」。
初めに断っておくと、主が特別カブ自体が好きというわけではない。
主人公となる高校生の小熊(CV:夜道 雪)は両親がいない(?)。1人で住んでいるのは山中にある団地。
何も無いことを意識させる描写から、カブに乗るようになってから、少女の見える世界が変わっていく。カブと出会い紡がれる少女のストーリーはどことなく勇気を与えてくれるだろう。

● おススメの回
#5「礼子の夏」

● 公式サイト
TVアニメ「スーパーカブ」公式サイト

第4位 86―エイティシックス―

ギアーデ帝国が開発した完全自律無人戦闘機械〈レギオン〉の侵攻に対応すべく、その隣国であるサンマグノリア共和国が開発した無人戦闘機械〈ジャガーノート〉。だが、無人機とは名ばかりであり、そこには“人”として認められていない者たち――エイティシックス――が搭乗し、道具のように扱われていたのである。エイティシックスで編成された部隊〈スピアヘッド〉の隊長である少年・シンは、ただ死を待つような絶望的な戦場の中で、ある目的のために戦いを続けていた。そこに新たな指揮管制官〈ハンドラー〉として、共和国軍人のエリート・レーナが着任する。彼女はエイティシックスたちの犠牲の元に成り立つ共和国の体制を嫌悪しており、“人型の豚”として蔑まれていた彼らに人間として接しようとしていた。死と隣り合わせに最前線に立ち続けるエイティシックスの少年と、将来を嘱望されるエリートの才女。決して交わることがなかったはずのふたりが、激しい戦いの中で未来を見る――。

「86―エイティシックス―」 dアニメ あらすじ/ジャンルより

 評価
第4位は「86―エイティシックス―」。
エイティシックス(人として認められていない者)の境遇と、彼等とヴラディレーナ・ミリーゼ(CV:長谷川育美)のレイドデバイスを介した音声のやり取りは、時に苛立ちもするし、残酷でもある。
自らの境遇に立ち向かい足掻く様子は嘲笑したくもなるが、それが辛いと感じるからこそだろう。

● おススメの回
#09「さよなら」

● 公式サイト
TVアニメ「86―エイティシックス―」公式サイト

第3位 不滅のあなたへ

フシは最初、地上に投げ込まれた“球”だった。持っていたのは「刺激を受けた物の姿へ変化できる能力」と「死んでも再生できる能力」。球から石、オオカミ、そして少年へと姿を変化させていくが、赤子のように何も知らぬままさまよう。やがて出会う人々に生きる術を教えられ温かい感情を知り、人間を模して成長していくフシ。宿命の敵・ノッカーとの壮絶な闘い、大切な人との別れ…痛みに耐えながら自分の生き方を選びとり、力強く生きるフシの永遠の旅を描く。

「不滅のあなたへ」 dアニメ あらすじ/ジャンルより

 評価
第3位は「不滅のあなたへ」。
壮大なように見えて実は身近で、ストーリーが浅いように見えて深く見える。
フシ(CV:川島零士)と出会う人々の「人間模様」に注目したい。

● おススメの回
#6「私たちの目的」

● 公式サイト
アニメ「不滅のあなたへ」公式サイト

第2位 シャドーハウス

この館には秘密がある──断崖に佇む大きな館「シャドーハウス」で貴族の真似事をする、顔のない一族「シャドー」。その“顔”としてシャドーに仕える世話係の「生き人形」。ある日、“シャドー”一族の少女・ケイトのもとに一人の“生き人形”が訪れ、“影”と“人形”の不思議な日常が始まる。世にも奇妙なゴシックミステリー、ついにアニメ化!

「シャドーハウス」 dアニメ あらすじ/ジャンルより

 評価
第2位は「シャドーハウス」。
『週刊ヤングジャンプ』で連載中の作品で、アニメ化。
コミック誌はあまり読まないのでアニメが初見となったが、個人的にとても面白い作品。
第2話ぐらいで切らないようにしたい。こういう作品は一話ずつではなく、まとめて観たい。
シャドーハウスとは何か。それが徐々に明らかになっていく。
アニメが面白いので、つい原作もすぐにチェックしてしまった。原作を丁寧に再現されているようで良作。エミリコ(CV:篠原 侑)も可愛い。良い意味で期待を裏切られた作品。OP、ED曲も良い。

● おススメの回
#5「お披露目」

● 公式サイト
TVアニメ「シャドーハウス」公式サイト

第1位 Vivy -Fluorite Eye’s Song-

“ニーアランド”、それは夢と希望と科学が混在したAI複合テーマパーク。史上初の自律人型AIとして生み出され、施設のAIキャストとして活動するヴィヴィは日々、歌うためにステージに立ち続ける。しかし、その人気は今ひとつだった。――「歌でみんなを幸せにすること」。自らに与えられたその使命を果たすため、いつか心を込めた歌を歌い、園内にあるメインステージに立つことを目標に歌い続けるヴィヴィ。ある日、そんなヴィヴィの元に、マツモトと名乗るAIが現れる。マツモトは自らを100年後の未来からきたAIと話し、その使命は「ヴィヴィと共に歴史を修正し、100年後に起こるAIと人間との戦争を止めること」だと明かす。果たして、異なる使命を持つ2体のAIの出会いは、どんな未来を描き直すのか。これは<私(ヴィヴィ)>が<私(AI)>を滅ぼす物語――AIの『歌姫』ヴィヴィの、百年の旅が始まる。WIT STUDIO×長月達平×梅原英司――エンターテイメントの名手たちが、引き寄せあった絆で紡ぐSFヒューマンドラマ、ここに開演。

Vivy -Fluorite Eye’s Song-」 dアニメ あらすじ/ジャンルより

 評価
第1位は「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」。
来る未来、そこにあるかもしれない未来。AIとシンギュラリティ。
自らに課された「使命」とともに在るAI。流行のタイムトラベルを扱った作品だが、
歌とAI、鉄と血肉とが重厚に絡み合い、ストーリーに深みを与えている。
人間よりも人間らしいAI。そんな未来が本当に訪れたとしたらと、ふと考えてしまう。
数話で切らずに、最後まで観てほしい作品。感動する。
あと、マツモト(CV:福山 潤)が非常に良いキャラしてる。

● おススメの回
#10「Vivy Score -心を込めて歌うということ-」

● 公式サイト
Vivy

異世界攻略班からは以上です。

参照

dアニメストア | 初めての方は初月無料のアニメ見放題サイト!

anime, Hobby, topic

Posted by himajinn