novel

物語を綴る

読書よりもゲームや野球をする幼少時代を過ごした。
真面目に勉強するようになったのは大学受験に失敗してからだろうな。
手軽に情報を入手するだけならググれば良い。
しかし単なる情報ではなく、個人の思いを形にするにはやはり本という媒体が必要に思われる。
その需要は確かにある。
読み手にも書き手にも知識を与え、生きる糧となる。

kakuyomu

ファンタジーは好きだ。好奇心をくすぐられる。
文筆の才など無いが、自分の想いを言葉にすることはできる。
誰かの胸に響けば良いなあと、自分勝手に書き綴る物語。

https://kakuyomu.jp/users/himajinnto

Posted by himajinn